2007年発表会 ~第6回 エルパの音楽家たち~

年に一度の発表会。2007年7月に行われた、エルパの発表会のようすをご紹介します。

毎年成長している出演者の演奏

恒例になった海の日の発表会。今年は2007年7月15日(日)に第6回の発表会を行いました。

今年は49組のゲストにご参加いただきました。去年よりも出演者が大幅に増え 楽器のバリエーションも多彩になりたくさんのお客様に楽しんでいただきました。

会場は毎年恒例になった恵比寿にあるSPAZIO2。 あいにくの雨模様でしたが、おめかしして素敵な衣装に身を包んだ出演者の皆さんはきらきらとした笑顔で 会場まで足を運んでくださいました。 去年と比べても格段に上手になっていて、スタッフ一同、月日が経つのは早いものだな・・・と実感するとともに 生徒さんそれぞれの練習している風景が目に見えるようで本当にうれしい限りでした。

講師演奏ではジャズの編成を取り入れ、サックス奏者が会場を練り歩く演出もお客様に楽しんでいただけました。

第1部 10:30~13:00

第1部は主にお子様による出演がメインとなりました。

去年に引き続き出演された方、今年からはじめて参加される方など25組の演奏となりました。

演奏が終わったあとのほっとした表情、やったぞ!という満足感にあふれた出演者の表情に、今日のこの日をいかに 楽しみにしてくれていたかがわかる気がして、スタッフも感激!
講師による演奏では声楽とピアノで「サウンドオブミュージック」よりサウンドオブミュージック。 またジャズ(サックス・ピアノ・ベース・ドラム)の豪華な編成で聖者の行進をお届けしました。

サックス奏者が客席を歩き回る演出ではお子様から大人の方までとても近い距離でサックスの音色を楽しんでいただきました。
声楽・ピアノ
「サウンドオブミュージック」より『サウンドオブミュージック』(リチャード・ロジャース)
サックス・ピアノ・ベース・ドラム
『聖者の行進』(アメリカ民謡)

第2部 14:00~16:30

午前中降っていた雨も午後にはやみ、晴れ間も出る中での発表会となりました。
ピアノはもちろん、エレクトーンやバイオリン、 フルートそしてバイオリンのアンサンブルなど、様々な楽器、編成でのバリエーション豊かなエルパならではの発表会となりました。

お子様から大人の方までご出演いただき、お母様との連弾を披露してくださる出演者の方もいらっしゃいました。 お子様にとってはお母様と発表会に出演できるなんて、一生の思い出になりますね。
また登録者による演奏では、伴奏も務めてくれた田仲沙知さんがリストの大曲を披露してくださいました。

なかなか普段は聴けないような名曲で自分も大きくなったらあんな曲が弾けるようなピアニストになりたい!とお子様の 憧れにもなったのではないでしょうか。
ピアノ
『リゴレット・パラフレーズ』(リスト)

終了後のアンケートより

今日のために一生懸命がんばってきたことがすごく伝わってきて感動しました。
ピアノの講師演奏では、水の流れのように気持ちよい音を楽しませていただきました。
他の人の曲を聴いて、「今後こんなのが弾きたい!」と思える点が良いと思います。
子供たちが緊張しながらもとても楽しそうに演奏していて感動しました。