まるで海外の結婚式! 美しい音楽でゲストをもてなす『生演奏』ウェディングの魅力

2018年11月04日
発行:ウエコレ
ウェディングならではの特別感・非日常の雰囲気を演出できる生演奏
まるで海外の結婚式! 美しい音楽でゲストをもてなす『生演奏』ウェディングの魅力
まるで海外の結婚式! 美しい音楽でゲストをもてなす『生演奏』ウェディングの魅力
ウェディングのBGMは、感動的な結婚式を作り上げるうえで、もっともこだわって選びたい要素です。その効果は絶大で、ゲストを楽しい気持ちにさせるだけでなく、会場全体をひとつにする力も持っています。CDや音源を持ち込んで好きな曲を流すのもいいけれど、欧米ではスタンダードな生演奏をBGMに取り入れたウェディングは、とってもロマンチック。生の音の美しさにふれたゲストは、その感動的なおもてなしをいつまでも忘れることはないでしょう。

【最近の主流は「演出は控えめにして、食事中心のゆっくりとした結婚式」】

ウエコレ編集部がこれから結婚式の準備をスタートする読者に、「どのような結婚式を希望していますか?」というアンケート調査で、最も高い支持を得たのが「演出は控えめにして、親しいゲストと食事中心のゆっくりとした結婚式にしたい」という回答でした。

?ゲストも楽しめる結婚式にしたい…………17%
?披露宴よりも、挙式にこだわりたい………10%
?ゲストに「さすが!」と言っていたい……4%
?きちんとしたお披露目がしたい……………11%
?演出は控えめにしてゆっくり過ごしたい…58%

・ゆっくりとした結婚式が人気のワケ

以前は、ゲストに余興をお願いして披露宴を盛り上げてもらうというのが主流でしたが、「せっかくゲストに楽しんでもらう場なのに、お願い事をするのは申し訳ない」という想いから、最近ではそういった演出やプログラムを控えめにして、結婚式ならではの特別感を味わってもらいたいという?おもてなし”の想いを大切にした結婚式が人気を集めています。

特に列席経験の多い方ほどその想いが強く、そうした方々が結婚式のテーマとして掲げるのが「大人ウェディング」です。美味しい食事を味わいながらゲストとのふれあいを大切にしたウェディングが大人花嫁たちの今どきスタイルになっています。

【大人なふたりにぴったりの「生演奏ウェディング」】

「思い出に残る結婚式にしたいけれど、余興や派手な演出を取り入れなくても叶えられる?」と心配になってしまうカップルも多くいることと思います。そんなおふたりに注目してほしいのが、「生演奏」を演出に取り入れたウェディングです。結婚式の音楽というと、自分たちでCDや音源を選んで流すようなBGMをまず最初にイメージしますよね。生演奏は、プロの奏者がその場の雰囲気に合わせて曲をチョイスして音色を奏でてくれるので、ご自身たちでシーンに合わせて曲を準備する必要もなく、なんといっても、挙式や披露宴の中に生演奏を取り入れることで、ゲストを驚かせたり、喜んでもらうことができます♪

ここでは、音楽のプロ奏者が多く所属している「エルパ」にご協力いただき、生演奏を結婚式に取り入れた素敵な場面の作り方をご紹介します。

■生演奏ウェディング?:ウエルカムスペースで弦楽四重奏
挙式や披露宴が始まる前の待ち時間を過ごしてもらうウエルカムスペースで弦楽四重奏の演奏を取り入れることで、特別感がぐっとアップ! 披露宴会場の前に設けるスペースのほかに、ガーデンパーティならアコーディオンのような弦楽四重奏とは雰囲気の異なるカジュアルで陽気な雰囲気の演奏もおすすめです。

■生演奏ウェディング?:披露宴のBGMにジャズトリオ
ジャズの魅力はさまざまにありますが、一説には数ある音楽ジャンルの中でもっとも癒し効果があるといわれていて、心地良いリズムがゲスト同士の会話を弾ませるきっかけにもなります。また、ジャズの特徴は、即興で音楽を演奏する点も挙げられます。その場の雰囲気に合わせて音を奏でるのはジャズトリオならではです。

■生演奏ウェディング?:花嫁の手紙〜花束贈呈までのシーンに思い出の曲を
花嫁の手紙は、これまでしっかりと伝えることのできなかった感謝の気持ちを伝えられる感動の場面です。お手紙を朗読する直前に家族の思い出の曲や親御様の好きな曲を演奏してもらい、お手紙を読み上げるときには声を邪魔しないようにピアノのみのやわらかな音色にとどめて、花束や記念品を親御様に贈るために歩み出すシーンで、弦楽四重奏の迫力ある音色で印象的に。おふたりの動きに合わせて曲調やタイミングを変えることができるのも生演奏ウェディングの魅力です。

【専門コーディネーターに相談できる、生演奏ウェディング】

生演奏を結婚式の演出に取り入れてみたいけれど、どこになにをお願いしていいのか分からない、という方におすすめなのが、プロの奏者派遣に特化した「エルパ」です。「エルパ」には、約4,000名のアーティストが在籍していて、さまざまな希望に応えてくれるのが魅力です。結婚式の奏者派遣に長けた専門コーディネーターも在籍していて、おふたりの結婚式のテーマや好みの音楽、またゲストのお顔ぶれに合わせてジャンルやアーティストをセレクトして提案してくれます。また、楽器編成についても相談に乗ってくれるのもうれしいかぎり!

?演奏する方々とどう接していいか気を遣う…
?プロの方にBGMとしてお願いしていいのか気が引ける…
?奏者と気が合わなかったらどうしよう…
?奏者が思っていたよりもうまくなかったらどうしよう…

生演奏をウェディングに取り入れたいけれど、自分たちで奏者を探してお願いしてもイメージや相性が合わなかったら嫌ですよね。
専門コーディネーターが間に立ってくれることで、おふたりの希望をきちんと汲んで、ぴったりの奏者をセレクトしてくれるので安心♪

・早割プランもあり? 「披露宴プラン」は1名28,000円〜!

10曲以上が必要になるウェディングBGMは、自身でCDを購入する料金や会場の音響スタッフにお願いする料金を含めると5〜6万円くらいが予算として必要になってきます。生演奏というと高そうなイメージがありますが、「エルパ」には「披露宴プラン」があって、演奏者1名で35,000円、2名で62,000円と意外にもリーズナブル。さらに、早割1カ月、3カ月プランもあり、3カ月前にお願いすると演奏者1名28,000円、2名49,600円、3名68,800円とさらにお得に! コーディネーターがシーン合ったアドバイスをしてくれながら生演奏BGMを組み立てていけるので、気軽に相談してみましょう!

【ウェディングならではの特別感・非日常の雰囲気を演出できる生演奏】

海外ではポピュラーな生演奏を取り入れたウェディングの波が徐々に日本でも普及しつつあります。コンサートやフェスに行かれたことがある方なら実感されたことのある「生の音」の迫力と感動を、おふたりの結婚式にも取り入れてみませんか? とてもおしゃれで印象深い結婚式になること間違いなしです!