ショパン『あなたの街のスタジオ活用術!』

2009年11月01日
発行:ショパン
Lesson1.生徒とのレッスンで
ショパン『あなたの街のスタジオ活用術!』
ショパン『あなたの街のスタジオ活用術!』
「思いきりグランドピアノが弾きたい!」「集まって練習できる場所がほしい」などの願いをかなえてくれる、 レンタルスタジオ。その活用術をご紹介!
ピアノの先生の家や音楽教室で教えるだけでなく、先生が生徒の自宅を訪れるなど、 レッスンにはさまざまなスタイルがある。 そんな中、家に電子ピアノしかない、 発表会が近いなどの場合に、スタジオでレッスンをするというスタイルが増えている。 普段、『ミュージックスタジオ・フォルテ』のグランドピアノ常設の部屋を利用するという 音楽家派遣の『エルパ』ピアノ講師の岩橋美奈さんに、お話をうかがった。
どんなときに使う?
「ご自宅にグランドピアノや防音設備のない生徒さんは、自分でスタジオを探してその場所を希望される方が多いですね。 気分が演奏に出るからと、明るくて落ちついた雰囲気のこのスタジオは気にいっている方が多いです。 今、住宅事情もあって電子ピアノをお持ちの方が多いですが、 練習や日頃のレッスンは電子ピアノでも、数回に1回はこうした場所でアコースティックピアノを使って レッスンすることをお勧めしています。 料金がかかっても得るものがありますから。 また、ひとり住まいの大人の男性のレッスンだとお互い気を遣ってしまうので、スタジオ利用は良いと思います。」
スタジオを使用するメリット
「家でひとりで教えていると閉鎖的になりがちですが、 こちらのスタッフの方とのコミュニケーションを通して情報を得られ、 気も引き締まりますし、時間制限があるので集中できます。 同時に、自宅と違って、レッスンが盛り上がっているからと延長することはできませんから、 終了時間までにしっかり気持ちを持っていかないといけないという面はありますね。 ただ、こちらは使用者が入れ替わるたった数分でピアノを入念に掃除してくれ、メンテナンスもきちんとされているので、 とても使い心地が良いです」