サラサーテ『弦楽器を演奏してみたいそんなあなたをバックアップする教室』

2008年09月10日
発行:弦楽器マガジン サラサーテVol.24
「音楽の家庭教師を自宅に派遣」というユニークなシステムで自分のペースで学べる音楽教室を運営
サラサーテ『弦楽器を演奏してみたいそんなあなたをバックアップする教室』
エルパは2000年設立。現在約4000人の講師が登録している。
中でもヴァイオリンはピアノについで人気の楽器だ。
レッスンは生徒の自宅で行うのが基本だが、有明にあるエルパのレッスンルームを使うこともできる。
講師の派遣は都内が中心だが、他県についても相談に応じている。
取材当日にお邪魔したレッスンの生徒、成田英世さんは、派遣ではなくレッスンルームを利用。 70歳からエルパでヴァイオリンを始めて7年目、横山久梨子先生に指示するようになって2年になる。
レッスンは週1回30分。和やかで和気あいあいとした雰囲気が印象的だ。
「前から弦楽器をやりたかったのですが、退職を機に挑戦することにしました。 ヴァイオリンは弦を押さえる位置が1ミリずれても音程がはずれてしまう難しい楽器ですが、繊細な音色の美しさに惹かれますね」 と成田さんは語る。 「いつかは憧れの『タイスの瞑想曲』を弾いてみたいです。」