カテゴリー別アーカイブ: 未分類

曲作りワークショップに参加してみました @オンライン

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: | 投稿者:

こんにちは。ITマネージャー 徳増です。
プライベートではもうすぐ5歳と2歳になる2男子ママをしています。

5歳の息子は2歳からエルパのリトミックレッスンを受講しており、そのままピアノへ移行。
昨冬からSmilyVillageでバイオリンも始めました。

私は幼少期にピアノをしていたのですが、現在は皆無。
息子には藤田真央くんみたいな甘いショパンを弾いて欲しいと高望みしております。

そんな高望みついでに、MIU404にドはまり中の私は「米津玄師みないに曲書けるようになるのもいいじゃん!」とエルパ主催のAKBミリオン作曲家による「みんなで曲を作ろう♪」ワークショップに参加しました。

これ、すごい。
本当にたった20分ぐらいで曲が作れちゃったー

成瀬先生の実力はもちろんなのですが、企画自体が面白い。
子供が自ら手をあげたり発言し易く「しりとり」として、どんどん言葉を繋げていき、それに先生が即興で曲を付けていく。

いわゆる「HowToを教えるお勉強」ではなく「こんな感じでリズムをつけて歌ってみると-」というグルーヴ。
曲になっていく工程を体感する、まさにSTEAM教育!

息子はただただ一生懸命「しりとり」をしている。
でも、最後はみんなで想い想いの楽器を持ち寄って、作った曲をセッション型の合唱。

後日、先生の音源が送られてきて、それに合わせて歌った動画を送り、現在完成版待ち。
楽しみ♪

息子は「曲作ったんだよー。歌うね」とビデオコール先のばあばちゃんへ自信満々で披露。
「しりとり」なのでこれまた覚え易い:笑

これは将来、「藤田真央」×「米津玄師」なのではと期待が高まる母。

チビ(弟)は兄の歌に合わせて明快なダンス。

これまた、未来の三浦大知かー☆

【お役立ちコラム】音楽×〇〇 キャリアについて考える 内田奈津子氏コラム2

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: | 投稿者:

こんにちは!
エルパのお役立ちコラム
株式会社ライズサーチの内田奈津子氏の第2回目です。

コロナ禍で演奏の機会が減ってしまったり、
今までのようにはレッスンが受けられない方もいらっしゃると思います。

そんな今だからこそ
「何のために音楽をやっているんだろう?」
「音楽をすることで何を目指すんだろう?」
を今一度、考えてみませんか?

今回のコラムはその答えを見つけるためのヒントが詰まっています!

内田奈津子氏コラム2
音楽 X「目的・目標 」

皆さんこんにちは。
株式会社ライズサーチの内田です。

前回(コラム1)、私のパラレルキャリアに関してお話をさせていただきましたが、
今回はキャリアを重ねていく中でとても重要である
「目的と目標」に関してお話をしていきたいと思います。

前回の最後に私の活動の目的「明るい日本を次世代につなぐこと」をお話ししました。
皆さんはどのような目的で演奏をしていらっしいますか?

私は、会社でコンサートを開催することもあるので、自分の繋がりがある演奏家さんだけではなく、ごく稀に一般オーディションを行うことがあります。
初めて出会う方の演奏を聴いた際に、その人の音楽(演奏)から様々なことが伝わってきます。

演奏する立場になると人前で演奏するときに「この音が失敗した」とか、「あそこが上手くいかなかった」とか技術的なことが気になってしまいますよね。

コンクールは別にして、オーディションなどでは意外とそういうことを気にしていなかったりします。(オーディションにもよりますが)

私は「企画の中でどういうポジションで使えるかな?」とか、
「この人はどんな想いで演奏しているのかな?」というところを見ています。

自分が声楽専門なので声楽家さんの歌を聞くときはテクニックのことも気になりますが、
基本的にはその人が舞台に立つ準備ができている方なのか?という程度で見ていて1音、1音を気にして拝見することはありません。

失敗しても、他のところで良い声が出ていれば、今回はでなかっただけだろうなと寛大な耳で聞いています。笑

誰のために、何のために演奏するのか?
自分の演奏で聞いた人に、社会にどういう変化をもたらしたいか?

このイメージがあるか、ないかで演奏は全然違ったものになります。
これはプロの方も、アマチュアの方も同じことがいえます。

アマチュアの方は誰かのために演奏する必要は必ずしもないと思っています。
自分のために演奏して良いと思います。
ただ、演奏を通じて「何かを聞いている人に伝えたい」
そんな思いを持つことで上達の近道にはなるのではないかと思うのです。

そして、プロの演奏家さんは最終的にステージに上がって、演奏するなら、
常に「誰かのため」でなくてはいけないと思います。

それを意識できているかがプロの入り口であり、それを各自が明確に意識するために
「目的と目標」と向き合うことが必要であると思っています。

今、社会が大きく変わろうとしている中で、音楽の存在はますます大きなものになると私は考えています。
プロアマ問わず、音楽に携わる皆さんが音楽を通じて社会を照らす存在になって欲しいと強く願っています。

【ご紹介】

内田奈津子 著 「デザインによろしく」

これまでにたくさんのチラシなどのデザインに携わった経験を活かして、4月に本が発売されました♪
「デザインよろしく」というデザインに対する考え方や、デザイナーとのコミュニケーションがテーマになっています。

【プロフィール】

経営者・アートディレクター・セミナー講師・時々オペラ歌手
神奈川県横浜市出身。

20代前半2年間ミラノ音楽院で声楽とイタリア語を学ぶ。
帰国後声楽を続けつつ、フリーランスでWEBデザインの仕事をはじめる。
多くの企業から依頼を受けて、新規事業の立ち上げをサポートし、少ない予算でもアイディアでカバーするWEBサイト制作を行い数多くの実績を残す。
2007年12月株式会社ライズサーチを設立。
横浜の中小企業のWEBサイトの制作を行う傍ら、自分が得意とするクラシック音楽の分野で何か役立てないかという想いから
演奏会、イベントで必要になるチラシをインターネット通販する事業として「演奏会のチラシ屋さん」を立ち上げ、
演奏会で必要となるチラシやプログラムを中心にイベント関係の印刷物デザインをこれまでに4500件以上手がける。
多くの顧客から集客に関する相談を受けたことがきっかけで、

Musician Interview M03591 渡辺達文(ワタナベ タツフミ)様

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: | 投稿者:

レッスン・演奏で活躍中の打楽器奏者、渡辺達文さんにインタビューをいたしました♪

Q.打楽器を習い始めたきっかけは?
小さいころから音楽に興味はあったのですが、本格的に打楽器をやろうと思ったのは中学3年生の時でした。
吹奏楽部に所属していた友人が文化祭でドラムを叩いている姿を見て「カッコイイ!」と思ったのがキッカケです。
その後、高校進学と同時に吹奏楽部に入部し、打楽器をはじめました。

Q.イベントやコンサートで心掛けていることは?
せっかく時間をかけて見に来ていただいてますので、ぜひ皆さんに楽しんでもらいたいと思っています。
そのために演奏の準備をしっかりするのはもちろんですが、MCや演出といったものもステージ作りの大事な要素ですので、本番の特色に合わせて色々と考えています。

Q.印象に残っているお仕事は?
一時期担当させていただいていた、高校の吹奏楽指導が印象に残っています。少人数編成ながら、魅力的なステージを披露してくれる吹奏楽部でした。
定期演奏会ではマーチングの演奏サポートをさせていただきました。
部員の皆さんと一緒に舞台に立てたのは良い思い出です。

 

<渡辺達文さんのユニットでパプリカの演奏>
https://youtu.be/HgUAB5kYA5U

【お役立ちコラム】音楽×〇〇 キャリアについて考える 内田奈津子氏コラム1

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: | 投稿者:

こんにちは!
エルパのお役立ちコラム

新連載は株式会社ライズサーチの内田奈津子氏のコラムを2回にわたってお届けします。

オペラ歌手を目指して20代前半でイタリアに留学した内田さん。
音楽家としても活躍する一方で、2007年にデザイン会社 「株式会社ライズサーチ」を立ち上げます。

なぜ、音楽家である内田さんがデザイン会社を立ち上げたのでしょうか?

デュアルワーク、パラレルキャリア時代を生き抜く知恵が詰まったコラムになっています。

働き方改革、そしてコロナ禍の今、新しいことにチャレンジ!

内田奈津子氏コラム1
音楽×デザイン パラレルキャリア

皆さん、こんにちは。株式会社ライズサーチの内田奈津子と申します。

私はデザイン会社の経営者であり、オペラ歌手として活動させてもらっています。
世間ではそれをパラレルキャリアというそうですね。
そんなお話をしてみたいと思います。

私がオペラ歌手を目指してイタリアに留学したのが2001年24歳の夏のことです。
私はもともとコンピューターなどが好きで、日本にいる時からよくパソコンを使用していましたので、
小さなノートパソコンをもってイタリアに旅立ちました。

イタリアで音楽や語学を学びながら、その留学の様子を自分のWebサイトで発信しはじめたところ、
多くの人にアクセスしてもらい、それがとても楽しくてたくさんのWebの技術をイタリア留学中、
独学で学び、2年の留学を終えて日本に帰国してからは、演奏では生計が立てられず、
音楽を続けながらフリーのWebデザイナーとしても仕事を始めることにしました。

多くのデザインの仕事を頂くようになり2007年には社員を雇用することになりました。

そのタイミングで株式会社化することになったのですが、会社にするということは「他社との差別化」が必要です。

自社の強みは何だろう?と考えた時、
「音楽だ!」と思ったのです。

これがインターネットで演奏会のチラシを通販する現在の主力事業
「演奏会のチラシ屋さん」の誕生です。

このサービスは多くの演奏家さんや音楽団体さんにご利用頂き、
年間約200公演、これまでに5000件以上のコンサート印刷物のデザインを制作しています。

私が学んできた音楽は、起業により他社にはない圧倒的な強みとなりました。

例えばチラシ1つ作るのでも現場を知っているのと知らないのでは
コミュニケーションの円滑さが違いますし、演奏会のプログラムを作るのでも普通の印刷物と違って、
客電(客席の灯り)が落ちた暗い中で読むことを想定してデザインできるわけです。

しかし、この強みを活かして経営者としても生計を立てられるようになるには、
経営と音楽をつなぐための接着剤のようなものが必要です。

それがマーケティングでした。

音楽だけを勉強しているときは「上手くなる」ことにしか興味がなかった私ですが、
事業を行ったり、コンサートを企画したりする中でお客様を勝手にイメージで作り上げている自分に気付き、
せっかく持っているこの強みをお客様に正しく伝えるためにたくさんのことを学びました。

仕事に対して主体的になり、ビジネスについてしっかり学ぶこと
がパラレルキャリアを成り立たせるうえでとても重要だと私は思っています。

さて私はこのように毎日事業を行っているわけですが、事業を通じて目指していることがあります。

私たちの会社では「明るい日本を次世代につなぐこと」

その目的を達成するための手段として私には「音楽」と「デザイン」があります。
皆さんは音楽行うことでどんな目的を達成したいと思っていますか?

【ご紹介】

内田奈津子 著 「デザインによろしく」

これまでにたくさんのチラシなどのデザインに携わった経験を活かして、4月に本が発売されました♪
「デザインよろしく」というデザインに対する考え方や、デザイナーとのコミュニケーションがテーマになっています。

【プロフィール】

経営者・アートディレクター・セミナー講師・時々オペラ歌手
神奈川県横浜市出身。

20代前半2年間ミラノ音楽院で声楽とイタリア語を学ぶ。
帰国後声楽を続けつつ、フリーランスでWEBデザインの仕事をはじめる。
多くの企業から依頼を受けて、新規事業の立ち上げをサポートし、少ない予算でもアイディアでカバーするWEBサイト制作を行い数多くの実績を残す。
2007年12月株式会社ライズサーチを設立。
横浜の中小企業のWEBサイトの制作を行う傍ら、自分が得意とするクラシック音楽の分野で何か役立てないかという想いから
演奏会、イベントで必要になるチラシをインターネット通販する事業として「演奏会のチラシ屋さん」を立ち上げ、
演奏会で必要となるチラシやプログラムを中心にイベント関係の印刷物デザインをこれまでに4500件以上手がける。
多くの顧客から集客に関する相談を受けたことがきっかけで、
イベント企画、集客に関する研究の一環で2009年からイベントを数多く主催・開催し、
そこで得られた結果を2014年からGakuya塾を主催し、若手の演奏家やイベント主催者にイベント企画、集客などに関して勉強会、
セミナーを通じて伝えて、クラシック音楽コンサートを数多く主催し、文化振興にも力を入れている。
横浜ビジネスグランプリ2013年および 2016年 ファイナリスト。
声楽は矢部玲司、野口幸子、ジェニー・アンベルト各師に師事。

★株式会社ライズサーチ
★演奏会のチラシ屋さん

Musician Interview M03595 伊藤 淳様(三線)

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: | 投稿者:

商業施設などで活躍中の三線奏者、伊藤 淳さんにインタビューをいたしました♪

Q.三線を習い始めたきっかけは?
元々は沖縄の踊りを踊っていた中で、鳴っていた音色が気になり、楽器を買ってみたのがきっかけです。
身近に習う環境が無くお金も無かったので、図書館やCDショップなどを探し回り資料を見つけては独習を繰り返しました。

Q.イベントやコンサートで心掛けていることは?
お客様の気持ちに寄り添う内容を常に心がけ、沖縄三線を身近に感じていただけたらと思っております。

Q.印象に残っているお仕事は?
様々なご機会をいただきましたが、東京大手町のビル街の夜祭にお呼びいただいたのが印象的でした。
無機質なビル街に三線の暖かみのある音色を届けることに、やりがいを感じたお仕事でした。

 

<伊藤淳さんの三線弾き語り>
https://youtu.be/crNQtDF81Ug

 

 

音楽家庭教師 Lesson Now♪ 2020年7月

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: | 投稿者:

みなさまこんにちは!
レッスン事業部駒場です。

今回はレッスンを始めて1年が経った、神奈川県の長倉様にインタビューさせていただきました!

※3月ごろに撮影いただきました!

~レッスン インタビュー~

Q.出張レッスンを受けていて、良かったなと思うこと・メリットは何ですか?
下に2歳になる子どもがいるので、送迎の手間がかからないのは助かります。
また、家事育児をしながら、息子のピアノレッスンを聴けますし、
どこでつまづいて、どこがうまくいっているかなどをリアルタイムで見られるので、
家庭での練習の際にも、アドバイスができるのがいいです。
先生はピアノ以外にも譜面の読み方を教えてくださったり、
最後に息子の好きな曲を弾いてくれてそれに合わせて一緒に歌ってくださるなど、
自宅レッスンならではの柔軟な対応が魅力的です。

Q.レッスンを受けていて成長が感じられるのはどのような時ですか?

ピアノを毎日学校に行く前と帰宅後も練習しています。
こちらから練習しなさいといわずとも、楽しそうに練習している姿をみると、成長を感じます。
はじめは片手からの曲も今では両手で弾けるようになり、
お気に入りの曲を毎週おじいちゃんや、おばあちゃんに披露するのが嬉しいようです。
上手になったねと言われると、またやる気が出るようです。

Q.これからピアノの経験をどのようなところに生かしていきたいですか?
小学校では音楽の授業があるので、ピアノを通して音感やリズムなどを身につけてほしいです。
将来的には、まだどういう道に進むかは分かりませんが、教養としてピアノが日常を豊かにしてくれていれば嬉しく思います。
ピアノの経験が何かしら役立っていたら素敵だなと思います。

毎日2回も練習、素晴らしいですね!
是非これからもたくさんの曲をおじいさま・おばあさまに聴かせて差し上げてくださいね♪

コーディネーターブログ

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: | 投稿者:

皆さん、こんにちは!
事業推進部の小島です。

3月よりリモートワークが続いておりますが、やっと自宅での仕事にも慣れてきました。
愛猫の熱い眼差しを感じながら楽しく自宅で仕事をしています!
(時々打ち合わせにも参加してきます笑)

プライベートでは来月妻が出産予定のためバタバタと過ごしています。
真夏の出産に向けてエアコン・空気清浄機・ウォーターサーバー、そしておまけに電動かき氷機も購入!!笑
我が家はアイスクリームの消費量がお米と同じくらいなのでかなり節約になります!

その他、給付金を大活用しベビーカー、ベビーベッド、チャイルドシートなどなども購入。
数か月前からゆっくり準備を進めておくべきですが外出が出来なかったためドタバタになりました・・・
愛猫は何かの変化を察知しているようですが梱包材が大好きなので今は落ち着いています。

ただ脳トレのために始めたオセロを毎回ぐちゃぐちゃにするので困っています。
(オレの相手をしろ!とのメッセージか・・・)

来月からは更にバタバタした日々を送ることになりますが1か月間の育休をいただきイクメンを目指して頑張ります。
いじけないように愛猫にもたっぷり愛情を注ぎたいと思います♪

エルパ20周年動画を公開しましたー!
いつもありがとうございます。これからも宜しくお願い致します!!
https://youtu.be/x-lKY6yeHww
(ディズニーランドに行けずにストレスがたまった結果、以下のようになってしまいました⇒在宅ディズニー・・・)

音楽オンラインレッスン Lesson Now♪ 2020年6月

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: | 投稿者:

みなさまこんにちは!
レッスン事業部駒場です。

今回は「オンラインレッスン」でご受講中の東京都 さわちゃん(6歳)にインタビューさせていただきました!
画面の向こうの先生と真剣にレッスンを受けてくれている様子が伝わってきます!

Q.オンラインレッスンを受けていて、良かったなと思うこと・メリットは何ですか?
学校に行けず、時間はたくさんありますが、毎日、ピアノの練習をしています。
オンラインでレッスンを続けることで、ブランクが空かず良かったです。

Q.オンラインレッスンを受けてみて、お子さまの反応はいかがですか?

先生にも色んなアイディアをいただき、楽しんでレッスンを受けています。

Q.これからピアノの経験をどのようなところに生かしていきたいですか?
ピアノや音楽が日常の中にある楽しい生活を送ってくれればと思います

 

おうち時間を生かして、楽しくレッスンを受けてくださっていました!
引き続きエルパではオンラインレッスンを受付中です♪
ピアノ・バイオリンに限らず様々な講師がいるので、ぜひお気軽にご相談ください。

Stay Home 継続中!

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: | 投稿者:

こんにちは、
レッスン事業部の駒場です。

昼過ぎに起きて、ゴロゴロして、整骨院に行って、夜は吹奏楽の練習…
そんな私のいつもの休日ですが(笑)
Stay Home期間に2つの新しい習慣が加わりました!

1つめは「おさんぽ」
もともと歩くことは好きだったのですが、最近の休日は毎日のように散歩をしています♪
(おひとり様&マスク着用&キープディスタンスです!)

春なのでたくさんお花が咲いていて、つい写真を撮ってしまいます。

2つめは「ピアノ」
小学校6年生までは習っていたのですが、その後ノータッチでした。
体が覚えている部分ありつつ、大人になって改めて習うとピアノの奥深さに気づかされます。
当時は「指番号なんて関係ある?」と反抗していましたが、きちんと理由があるんですね~

気合を入れてハノンとブルグミュラーを購入!
なかなかうまく弾けずもどかしいですが、それでもオンラインレッスンを受けて確実に上達していくのが嬉しいです。
エルパの宣伝抜きにしても、オススメです(笑)

 

このような感じでなかなか充実した毎日です。
でも今は吹奏楽の練習がお休みになってしまっているので、早くみんなで楽器を吹きたいですね!

皆さんも不便な毎日かと思いますが、せっかくなのでおうち時間を楽しみましょうね♪
一緒にWithコロナを乗り切りましょう~!

【お役立ちコラム】瞬読で知る 右脳&音楽! 山中恵美子氏コラム3

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: | 投稿者:

こんちには!
エパルのお役立ちコムラ
一般社団法人瞬読協会 代表理事 山中恵美子氏の第3回目です。

あれ、↑この文章、なんだか変だって気づきましたか?
(答えはコラムのラストに)

すらすら読めた方は「右脳」が働いていますね♪
今回は「右脳の鍛え方」ついて面白い内容になっています。
私も右脳の力を使って夢を実現してみたいと思いました。

山中恵美子氏コラム3
右脳の鍛え方

最終回の今回は瞬読のキーとなる「右脳」をどうやって鍛えていくのかをご説明させていただきたいと思います。

人間の脳は「バラバラに見える文字」を瞬時に「既知の状態に変換しようとする」力があります。
なぜなら脳は無秩序な状態を嫌い正常に整った状態を好むからです。

「プッルパナイ」

脳内で「パイナップル」と変換しませんでしたか?

これを「変換力」といいます。
バラバラに並んだ文字を瞬間に並べ替えるこれを繰り返すことによって右脳が活性化されます

「麦わら帽子をかぶった小さな女の子が公園のベンチに座ってシャボン玉を吹いています」
という文章から、重要なワードだけを抜き出して見てください。

「帽子」「女の子」「ベンチ」「シャボン玉」…
そこから帽子をかぶった女の子がベンチに座ってシャボン玉を吹いているビジュアルを瞬時に思い浮かべることができるはずです。

これが「イメージ力」です。
この文字をイメージとして受け取り、ビジュアルとして連想するトレーニングが右脳を刺激するのです。

右脳が活性化されると様々な能力が開花することは以前お伝えしました。

音楽では「楽譜を暗譜して演奏する」ということは、身体のさまざまな感覚の力が総合的に求められます。
聴覚はもちろん、触覚、視覚…
これらをまんべんなく駆使する指令者は「脳」です。

「変換力」「イメージ力」を鍛えるトレーニングによって右脳を効率よく使えるようになった結果、
脳全体が活性化し、暗譜して演奏することが楽になるのです。
脳の秘める力は計り知れません。

私どもが開発した教材(ソフト)で、このトレーニングはできるようになっています。
ご興味がある方はホームページから無料体験できるようになっていますので、のぞいてみてくださいね。

本を読むことで最も大切なのは「速度」や「記憶した量」ではありません。
本から何を学ぶか
学んだことを人生にどう生かすか
です。

皆さんが手に入れたい未来はどんなものですか?

イメージを司る右脳に、常に夢を訴え続け、深層心理に夢を植え付けることで夢はぐんと実現しやすくなります♪

このコラムを読んで、今までより少しだけ「右脳の存在」を意識するようになっていただけたなら幸いです。

★プロフィール
一般社団法人瞬読協会 代表理事 山中 恵美子(やまなか えみこ)氏
一般社団法人 瞬読協会 HP

大阪府生まれ。甲南大学法学部卒。
大学在学中に日本珠算連盟講師資格取得。学生時代より、珠算指導を開始。卒業後、関西テレビ放送株式会社勤務。
2003年:自身のそろばん塾を開校。延べ2,000人以上を指導
2009年:学習塾を開校。現在、現グループ30校舎・約2万人の生徒が卒業

  • 学習塾にて、学習効果を上げる方法の一環として、速読を取り入れる。これが後の「瞬読」となり、生徒が次々と難関校に合格。
  • 瞬読は保護者にも知られ、やがてはビジネスパーソンにも広まり、瞬読のみの講座が開講し好評を博す。
  • 現在受講生は1,800名を超え、「わずか1時間半のトレーニングで何倍も速く読めるようになった」「いろんな速読を試すも失敗が続き、瞬読でやっとうまくいった」「老眼の進んだ70歳でも成功」など、喜びの声が殺到している。
  • 『瞬読』の著書はシリーズ累計10万部超えのベストセラーに。
  • TSUTAYA書店、関西大学梅田キャンパスMeRISE、北海道新聞社、阪神電気鉄道および阪急交通社などにて、外部セミナーも開催。その他、TV・ラジオなどメディアにも多数登場し、全国に瞬読を広めている。

★参考 1日5分眺めるだけで、1週間で速く読めるようになる! 瞬読ドリル
★参考 1冊3分で読めて、99%忘れない読書術「瞬読」

冒頭の答え:
こんちには!
パルのお役立ちコムラ