【お役立ちコラム】才能は家庭で育つ「非認知能力を育てるために大切にしたい3つのこと」

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: | 投稿者:

こんにちは。育児インストラクター 徳増 和佳奈です。
ヨガインストラクターとして産後の骨盤調整ヨガ&ベビーマッサージのレッスンをしている中でママ達から育児について相談を多々受けます。
それに対して経験ではなく専門的な視点でアドバイスがしたい、と思い育児インストラクターのライセンスを取りました。

育児の真只中にいるとあっと言う間に時間が過ぎていきます。
「これでいいのか?」と自問自答を繰り返しているパパ・ママに少しでも育児を楽しんで貰えたらいいなと1回目は「即実践の五感育児」をお届けしました。

2回目は「非認知能力を育てるために大切にしたい3つのこと」をお送りします。

子どもの心の一番の栄養は大人の笑顔!

続きを読む

コーディネーターブログ

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: | 投稿者:

皆さん、こんにちは!
事業推進部の石橋です。

4月から始まったテレワークも半年が過ぎようとしています。

私の自室には椅子がなく、じゅうたんに腰を下ろして過す仕様なので、

仕事でパソコンに向かうときは、長時間胡坐の姿勢で過ごすことになります。

そしてこれが…… 腰痛の元…重い体を支える腰が悲鳴を上げています。

ふと、テレワークの運動不足を解消しようと散歩がてら寄った、某激安量販店にて、

こんなものを見つけました。

「まるで無重力」という言葉に誘われて、腰痛が少しでも軽減するならばと購入。

さっそく自宅に戻り、試してみると…

…おやおや、さすがに無重力とまではいきませんが、腰にかかる体重の負担が、このクッションのおかげで

うまいこと分散されてかなり楽になりました。 これはいいなあ。

パッケージには、「卵を置いて座っても割れません!」とありますが…

さすがに試してみようとは思いません(笑)

無重力クッションに気をよくした私は、さらにこちらも追加で購入しました…

 

クッションと枕。

これで、座ってる時も寝ている時も、無重力でラグジュアリーな気持ちになれて、

当分は快適にテレワークライフを送ることができるでしょう!

ちなみに、自宅でキーボードを扱う時もあるのですが、鍵盤を弾く時も基本は床に腰を下ろした状態で

演奏しています。 これはもう慣れたものです。。。

 

Musician Interview M03700 柳野 ひかる (ヤナギノ ヒカル)様

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: | 投稿者:

高齢者施設や商業施設で大活躍のフルート奏者、柳野 ひかるさんにインタビューをいたしました♪

Q.フルートを習い始めたきっかけは?
小学校5年生の頃、リコーダーや木管楽器・鳥の声など優しく深みのある音が好きでしたが、中でもフルートの音に一番魅かれたのがきっかけです。
人の息によって表情が変わる管楽器の音色に、たまらなく魅力を感じました。

Q.イベントやコンサートで心掛けていることは?
お客様が最初から最後まで楽しんでいただけるようなプログラム構成と、現場ではお客様お一人お一人に寄り添う気持ちを持った演奏を心がけています。
イベントやコンサートの進行中に、お客様からダイレクトにいただく感想は貴重ですね。

Q.印象に残っているお仕事は?
高齢者施設でのコンサート終了後、お客様が『ありがとう!』と、涙を流しながら私の手を握ってくださったことが強く印象に残っています。
生演奏が生み出す人と人との交わり、音楽を奏でる者としての使命感と感謝を感じる瞬間です。

音楽家庭教師 Lesson Now♪ 2020年10月

カテゴリー: ブログ, レッスン | 投稿日: | 投稿者:

皆様こんにちは。
レッスン事業部の北谷です。

今回は、エルパでピアノを習い始めて1年半になる、東京都のKくんにインタビューさせていただきました!


↑とっても真剣な様子が伝わってきますね!

~レッスン インタビュー~
Q.出張レッスンを受けていて、良かったなと思うこと・メリットは何ですか?
共働きのため、決まった曜日・時間に送迎をするのが難しいので、習わせることをあきらめていました。
出張レッスンを知って、希望の日時でレッスンして貰えて良かったです。
また自粛期間中も、zoomでのオンラインレッスンをいつもの環境で受けることが出来ました。

Q.レッスンを受けていて成長が感じられるのはどのような時ですか?
最初はレッスンの間集中することが難しかったのですが、バイエルだけでなく、ジブリの歌など本人がやりたい曲も練習させてもらえたこともあり、集中して出来る様になりました。

Q.これからピアノの経験をどのようなところに生かしていきたいですか?
聴いたり歌ったりだけでなく、自分で演奏するという音楽の楽しみ方を知るきっかけになるといいなと思います。

レッスンを通して集中力もついてきたKくん、これからも沢山、音楽の楽しさを味わっていただけるよう、先生と一緒にエルパもサポートしていきたいと思います♪

Musician Interview M04478 文梨 衛(フミナシ マモル)様

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: | 投稿者:

イベント・コンサート演奏で活躍中のサックス奏者、文梨 衛さんにインタビューをいたしました♪

Q.サックスを習い始めたきっかけは?
サックスに初めて触れたのは中学生の吹奏楽部でした。
ちょうどその直前に映画「スウィングガールズ」が公開されたためか、サックスは人気でしたがどうにか勝ち取りました。笑
ちなみに私がサックスを吹きたいと思ったきっかけは映画ではなくメイシオ・パーカー(ジェームズ・ブラウンバンドのソリスト)の影響です。

Q.イベントやコンサートで心掛けていることは?
私はイベント演奏に呼んでいただくことが多いのですが、そうなるとお客さんにとって、ジャズやサックスの生演奏の第一印象となる場合もあります。
そのため、「楽しかった」と思っていただけるために演奏だけでなく見た目やMC、会場の雰囲気作りなどに気を配っています。

Q.印象に残っているお仕事は?
幼稚園での演奏ですね。
日頃自分より上の世代の方に向けた演奏機会が多いので、演奏している中踊り始めたりする園児たちのリアクションにこっちが終始ハッピーになってしまいました。笑

 

<文梨衛さんのソロでルパン三世のテーマの演奏>
https://youtu.be/GzIojuzvjTY

 

【お役立ちコラム】才能は家庭で育つ「五感育児」~日常に成長のチャンスは溢れている!~

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: | 投稿者:

こんにちは。育児インストラクター 徳増 和佳奈です。
ヨガインストラクターとして産後の骨盤調整ヨガ&ベビーマッサージのレッスンをしている中でママ達から育児について相談を多々受けます。
それに対して経験ではなく専門的な視点でアドバイスがしたい、と思い育児インストラクターのライセンスを取りました。

育児の真只中にいるとあっと言う間に時間が過ぎていきます。
「これでいいのか?」と自問自答を繰り返しているパパ・ママに少しでも楽しんで貰えたらいいな、とコラム1回目で理論をすっ飛ばして即試せる「実践編」をお届けします。

子供は親が笑っている姿が一番好きです。
そして親も子供が笑っている姿が一番好きです。

続きを読む

コーディネーターブログ

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: | 投稿者:

皆さん、こんにちは!
事業推進部の小島です。

私事ですが7月1日に長女が産まれました!!
可愛い可愛い女の子です。

コロナウイルスが感染拡大している状況でしたので妊婦検診は車の中で待機。
(エコー写真しか子供を感じる機会がないのに先生がよく録画忘れるのでイライラしたり・・・笑)
もちろん立ち合いもNG。
妻は長い陣痛を一人で耐え抜きました!!本当に尊敬です。
(出産ラッシュだったようで産まれる10分前まで助産師さんもおらず一人で陣痛室にいたそうです)

産まれた当日はお休みをいただき僅か10分間限定でしたが面会に!!
小さな小さな手と足に感動・・・生命の神秘を感じました。

そこから1か月間は育児休暇をいただき、毎日育児と家事に奔走しました。
愛猫のぷーすけは警戒しながらも興味があるようで遠くから優しく見守っていました。笑

ただ赤ちゃん返りしたようでとても甘えん坊な猫になっています。
ベビーを抱っこしながら足で愛猫を撫でて・・・
早く長男という自覚を持ってもらわないないと!笑

育児は勉強や仕事とは全く異なり完璧なマニュアルなんてありません。
統計的なデータがあっても一人一人個性があるので毎日夫婦で試行錯誤しながら過ごしています。
大変なことも多いですが楽しく幸せな毎日を過ごしています!

これからの成長が楽しみです♪
そして先日会社の皆から出産祝いが!!
センス良過ぎます!笑
いつかこれを着せてディズニーランドに連れて行きたいなぁ~~~~~🐭

音楽家庭教師 Lesson Now♪ 2020年9月

カテゴリー: ブログ, レッスン | 投稿日: | 投稿者:

皆様こんにちは。
レッスン事業部の北谷です。

今回は、エルパで1年半前からご受講いただいている、東京都のHちゃんにインタビューさせていただきました!

~レッスン インタビュー~
Q.出張レッスンを受けていて、良かったなと思うこと・メリットは何ですか?
⇒何よりも送迎時間が省略できること。また、自宅環境のため、
リラックスしてレッスンに取り組めることがメリットだと考えています。

Q.レッスンを受けていて成長が感じられるのはどのような時ですか?
⇒昨年までは、一緒に楽譜を確認してから練習をしてもらっていましたが、
今年はすべて本人に任せています。
音階と拍子のみですが、譜読みと練習の習慣がついたのだと、成長を感じています。

Q.これからピアノの経験をどのようなところに生かしていきたいですか?
⇒音楽をより楽しめれば、という一点です。
自分で「弾きたい!」という曲を見つけて練習し、自分なりに弾けたときの
喜びを感じてくれたらと思います。

一人で練習ができるようになったなんて、とっても成長を感じられますね♪
今年からは弟様もご入会され、ごきょうだいで更に音楽の楽しさを味わっていただければ幸いです!

曲作りワークショップに参加してみました @オンライン

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: | 投稿者:

こんにちは。ITマネージャー 徳増です。
プライベートではもうすぐ5歳と2歳になる2男子ママをしています。

5歳の息子は2歳からエルパのリトミックレッスンを受講しており、そのままピアノへ移行。
昨冬からSmilyVillageでバイオリンも始めました。

私は幼少期にピアノをしていたのですが、現在は皆無。
息子には藤田真央くんみたいな甘いショパンを弾いて欲しいと高望みしております。

そんな高望みついでに、MIU404にドはまり中の私は「米津玄師みないに曲書けるようになるのもいいじゃん!」とエルパ主催のAKBミリオン作曲家による「みんなで曲を作ろう♪」ワークショップに参加しました。

これ、すごい。
本当にたった20分ぐらいで曲が作れちゃったー

成瀬先生の実力はもちろんなのですが、企画自体が面白い。
子供が自ら手をあげたり発言し易く「しりとり」として、どんどん言葉を繋げていき、それに先生が即興で曲を付けていく。

いわゆる「HowToを教えるお勉強」ではなく「こんな感じでリズムをつけて歌ってみると-」というグルーヴ。
曲になっていく工程を体感する、まさにSTEAM教育!

息子はただただ一生懸命「しりとり」をしている。
でも、最後はみんなで想い想いの楽器を持ち寄って、作った曲をセッション型の合唱。

後日、先生の音源が送られてきて、それに合わせて歌った動画を送り、現在完成版待ち。
楽しみ♪

息子は「曲作ったんだよー。歌うね」とビデオコール先のばあばちゃんへ自信満々で披露。
「しりとり」なのでこれまた覚え易い:笑

これは将来、「藤田真央」×「米津玄師」なのではと期待が高まる母。

チビ(弟)は兄の歌に合わせて明快なダンス。

これまた、未来の三浦大知かー☆

【お役立ちコラム】音楽×〇〇 キャリアについて考える 内田奈津子氏コラム2

カテゴリー: 未分類 | 投稿日: | 投稿者:

こんにちは!
エルパのお役立ちコラム
株式会社ライズサーチの内田奈津子氏の第2回目です。

コロナ禍で演奏の機会が減ってしまったり、
今までのようにはレッスンが受けられない方もいらっしゃると思います。

そんな今だからこそ
「何のために音楽をやっているんだろう?」
「音楽をすることで何を目指すんだろう?」
を今一度、考えてみませんか?

今回のコラムはその答えを見つけるためのヒントが詰まっています!

内田奈津子氏コラム2
音楽 X「目的・目標 」

皆さんこんにちは。
株式会社ライズサーチの内田です。

前回(コラム1)、私のパラレルキャリアに関してお話をさせていただきましたが、
今回はキャリアを重ねていく中でとても重要である
「目的と目標」に関してお話をしていきたいと思います。

前回の最後に私の活動の目的「明るい日本を次世代につなぐこと」をお話ししました。
皆さんはどのような目的で演奏をしていらっしいますか?

私は、会社でコンサートを開催することもあるので、自分の繋がりがある演奏家さんだけではなく、ごく稀に一般オーディションを行うことがあります。
初めて出会う方の演奏を聴いた際に、その人の音楽(演奏)から様々なことが伝わってきます。

演奏する立場になると人前で演奏するときに「この音が失敗した」とか、「あそこが上手くいかなかった」とか技術的なことが気になってしまいますよね。

コンクールは別にして、オーディションなどでは意外とそういうことを気にしていなかったりします。(オーディションにもよりますが)

私は「企画の中でどういうポジションで使えるかな?」とか、
「この人はどんな想いで演奏しているのかな?」というところを見ています。

自分が声楽専門なので声楽家さんの歌を聞くときはテクニックのことも気になりますが、
基本的にはその人が舞台に立つ準備ができている方なのか?という程度で見ていて1音、1音を気にして拝見することはありません。

失敗しても、他のところで良い声が出ていれば、今回はでなかっただけだろうなと寛大な耳で聞いています。笑

誰のために、何のために演奏するのか?
自分の演奏で聞いた人に、社会にどういう変化をもたらしたいか?

このイメージがあるか、ないかで演奏は全然違ったものになります。
これはプロの方も、アマチュアの方も同じことがいえます。

アマチュアの方は誰かのために演奏する必要は必ずしもないと思っています。
自分のために演奏して良いと思います。
ただ、演奏を通じて「何かを聞いている人に伝えたい」
そんな思いを持つことで上達の近道にはなるのではないかと思うのです。

そして、プロの演奏家さんは最終的にステージに上がって、演奏するなら、
常に「誰かのため」でなくてはいけないと思います。

それを意識できているかがプロの入り口であり、それを各自が明確に意識するために
「目的と目標」と向き合うことが必要であると思っています。

今、社会が大きく変わろうとしている中で、音楽の存在はますます大きなものになると私は考えています。
プロアマ問わず、音楽に携わる皆さんが音楽を通じて社会を照らす存在になって欲しいと強く願っています。

【ご紹介】

内田奈津子 著 「デザインによろしく」

これまでにたくさんのチラシなどのデザインに携わった経験を活かして、4月に本が発売されました♪
「デザインよろしく」というデザインに対する考え方や、デザイナーとのコミュニケーションがテーマになっています。

【プロフィール】

経営者・アートディレクター・セミナー講師・時々オペラ歌手
神奈川県横浜市出身。

20代前半2年間ミラノ音楽院で声楽とイタリア語を学ぶ。
帰国後声楽を続けつつ、フリーランスでWEBデザインの仕事をはじめる。
多くの企業から依頼を受けて、新規事業の立ち上げをサポートし、少ない予算でもアイディアでカバーするWEBサイト制作を行い数多くの実績を残す。
2007年12月株式会社ライズサーチを設立。
横浜の中小企業のWEBサイトの制作を行う傍ら、自分が得意とするクラシック音楽の分野で何か役立てないかという想いから
演奏会、イベントで必要になるチラシをインターネット通販する事業として「演奏会のチラシ屋さん」を立ち上げ、
演奏会で必要となるチラシやプログラムを中心にイベント関係の印刷物デザインをこれまでに4500件以上手がける。
多くの顧客から集客に関する相談を受けたことがきっかけで、